出羽三山 ― 涼しさやほの三日月の羽黒山

 6月3日、羽黒山に登る。図司左吉といふ者を尋ねて、別当代会覚阿闍梨に謁す。南谷の別院に宿りして、憐愍の情こまやかにあるじせらる。


 4日、本坊において俳諧興行。

 ありがたや雪をかをらす南谷


 5日、権現に詣づ。当山開闢能除大師は、いづれの代の人ということをしらず。延喜式に「羽州里山の神社」とあり。書写、「黒」の字を「里山」となせるにや、羽州黒山を中略して羽黒山といふにや。出羽といへるは、「鳥の毛羽をこの国の貢に献る」と、風土記にはべるとやらん。月山・湯殿を合はせて三山とす。当寺、武江東叡に属して、天台止観の月明らかに、円頓融通の法の灯かかげそひて、僧坊棟を並べ、修験行法を励まし、霊山霊地の験効、人貴びかつ恐る。繁栄長にして、めでたき御山と謂つベし。(以下略)

             (角川文庫本『おくのほそ道』)

       羽黒山山頂の合祭殿


 6月3日(陽暦7月19日)、午後5時、手向の俳人図司呂丸(染物師で近藤左吉)宅に着きました。呂丸は大石田の一栄からの紹介状を本坊若王寺の会覚に届け、芭蕉と曾良を南谷の紫苑寺に案内しました。途中、祓川あたりから暗くなりました。南谷の紫苑寺は、本坊の隠居所です。

 6月4日(陽暦7月20日)、本坊で俳諧があり、表6句のみで南谷の宿舎に帰りました。

 6月5日(陽暦7月21日)、朝から三山巡礼のため断食して潔斎し、注連を襟に掛け、羽黒権現を参拝しました。帰ってから昨日の連句を継いで歌仙の一折り(18句まで)を成就しました。


        平将門創建という
        素木作りの羽黒山五重塔
建治の大鐘と鐘楼堂 蜂子皇子(能除太子)の墓
    羽黒神社と書いて「いけのみたま」と
    いわれる鏡池
南谷の芭蕉句碑 羽黒山の杉並木と石段

 6月6日(陽暦7月22日)、晴。月山に登りました。月山権現に参拝し、頂上の泊り小屋である角兵衛小屋に泊りました。

 6月7日(陽暦7月23日)、月山から湯殿山に下りました。昼近く月山に戻り、昼食して下山しました。四合目の強清水まで南谷の役僧光明坊が弁当を持参して「逆迎え(神仏として出迎えすること)」してくれました。
 芭蕉は、修験道の白装束で強力に導かれて三山を掛け、宗教的な神秘にふれ深い感銘を得たので、『おくのほそ道』の出羽三山の条に四句ならべたのでしょう。


 6月8日(陽暦7月24日)、会覚が尋ねてきました。

 6月9日(陽暦7月25日)、断食しました。昼、注連をはずして精進おろしをしました。会覚が飯や銘酒を持参して尋ね、先日来の歌仙を完成しました。


月山神社本宮 名刀「月山」由来の鍛冶神社 月山山頂の芭蕉句碑
湯殿山神社の大鳥居 湯殿山神社 月光坂の鉄梯子
湯殿山神社の足湯 夏でも雪渓残る月山山頂付近 湯殿山神社足湯の出湯大神
「おくのほそ道」出羽路の芭蕉Top