風の香も南に近し最上川  翁

 

「風の香も南に近し最上川」の猿羽根峠の芭蕉句碑

この句は、『曾良俳諧書留』に「盛信亭」と前書した新庄の渋谷九郎兵衛宅での三つ物の発句である。碑銘は、天理図書館蔵綿屋文庫『曾良旅日記』の影印本より拡大模刻したものである。

元禄二年(一六八九)六月一日(陽暦七月十七日)、『おくのほそ道』紀行の途上、芭蕉と曾良は大石田を馬で出 立し、名木沢から猿羽根峠を越えて舟形に出て、新庄の渋谷甚兵衛(俳号、風流)に二泊した。  

六月二日、風流の兄で本家の渋谷九郎兵衛(俳号、盛信)に招かれた。芭蕉は前日眺めた猿羽根峠の眼下を流れる最上川から着想したと思われる発句「風の香も南に近し最上川」を詠み、主人のもてなしへの挨拶とした。暑い盛りなのに、南を流れる最上川から猿羽根峠を越えて吹き渡ってくる香りのある風の涼しさが身にしみて感じられる、との意。

昭和二十二年(一九四七)五月二十九日、齋藤茂吉は門人板垣家子夫を伴って猿羽根峠を訪れ、十七首詠んだ。その中に「元禄の時の山道も最上川ここに見さけておどろきけむか」がある。 

茂吉は、歌集『白き山』の後記の中に、「曾良の随行日記が発見され、芭蕉は大石田から乗船せず、猿羽根越えをして舟形に出た。頂上に到ったとき、眼下に最上川の大きいうねりを見て、芭蕉もおのずと讃歎の声をあげたに相違ない。」(要約)と、書いている。

松尾芭蕉・齋藤茂吉両翁ゆかりの地、ここ猿羽根峠に芭蕉句碑を建立し、歴史文化遺産「猿羽根峠越え」の振興発展に資する。

 

             撰文 尾花沢市歴史文化専門員  梅 津 保 一

 

      平成二十一年(二〇〇九)七月十七日

         舟形町芭蕉句碑建立実行委員会