主催:NP0法人芭蕉翁「おくのほそ道」ネットワーク

共催:尾花沢市歴史散歩の会・山形県舟形町・最上町

 


おくのほそ道大学とin平泉〜出羽路へのご案内 


    「夏草や兵どもが夢の跡」「蚤虱馬の尿する枕もと」「風の香も南に近し最上川」

おくのほそ道』平泉〜出羽路へは、義経主従の北国落ちの逆コースをたどる旅。芭蕉は奥

州平泉で、義経ゆかりの高館と雄大な北上川、極楽浄土を再現した金色堂をたずねています。

平泉から出羽路への旅は、『おくのほそ道』のクライマックスシーンがいたるところに散りば

められています。
世界文化遺産内定の「平泉」、文化庁指定の歴史の道「おくのほそ道」

出羽街道を
、322年前と同じ時期に 『おくのほそ道・出羽路の旅』の著者梅津保一「おく

のほそ道」大学学長のご案内で旅をしてみませんか。

期 日 2011年7月16日()〜17日()  

参加費2万円(宿泊費・交流会費・入館料・バス代・資料代など)。

  現地までの往復の交通費、2日間の昼食代は自己負担。

 

1日目 7月16日(土)    宿泊:最上町赤倉温泉「あべ旅館」

*東北新幹線一関駅1015集合

*尾花沢市・資料館前7:10集合   一関駅で合流→平泉へ

  平泉史跡めぐり11:5015:30

高館、中尊寺、平泉文化遺産センター、毛越寺(芭蕉句碑・庭園 )

  交 流 会18:0021:00  最上町赤倉温泉「あべ旅館」

 

2日目  7月17日(日)  「おくのほそ道」大学と旅

  歴史の道「おくのほそ道」出羽街道をたずねて8:3014:00

舟形町公民館前(7:30)  尿前の関、堺田・封人の家、山刀伐峠、

尾花沢・芭蕉・清風資料館、猿羽根峠

 

  「おくのほそ道」大学14:3016:30) 舟形町猿羽根山農業体験実習館

講話:猿羽根峠芭蕉句碑「風の香も南に近し最上川」   石川孝夫会長

講演:「おくのほそ道」平泉〜出羽路へ        梅津保一学長

 

 ※ 3日目 希望者に出羽三山の羽黒山・月山をご案内いたします。

参加費:7月17日の宿泊代込で1万2千円、旅のみ3,500円

 

                                    

  問い合せは尾花沢市歴史散歩の会 
               TEL・FAX 
0237(53)0246


     火曜日・金曜日および夜間は、携帯TEL090(2841)9552

参加者には詳しい日程を送付します。

 イベント情報のページへ  フロントページへ